念のため使用方法などをよく読んでから利用するようにしましょう

注意する事項をよく守り使用する

ED治療薬は誰もが利用できるというわけではありません。

高血圧の方の場合、医師からの治療を受けて薬などを服用している方であれば利用できる場合もあります。

レビトラは他のED治療薬と比べても、禁忌項目が多いので利用の前には確認を怠らないでください。

これまで他のED治療薬を利用してアレルギー反応がでた方は利用できません。

また硝酸剤や一酸化窒素やニトログリセリンなどの供与剤を投与中の患者さんも利用が禁止されています。

心血管障害などを患い、性行為自体が体に害を及ぼす方、不安定狭心症などで性行為中に心筋症を起こしてしまった方。

心筋梗塞を3ヶ月以内に起こしてしまった方も残念ながら利用することができません。

重度の肝機能障害、低血圧の方で最大血圧が90mmHg未満、最小血圧が50mmHg未満の方、高血圧症で最大値170mmHg以上、最小値100mmHg以上で、なおかつ理療を受けていない方。

6ヶ月以内で脳梗塞、心筋梗塞と診断された方、網膜色変質性症と診断された方、更に先天的に不整脈を持っている方など、レビトラの使用は禁止されています。

レビトラの服用を考えている方で、自分の病歴や普段より薬の服用をおこなっている方は、実際にレビトラを使用する前には、診察を受けることをオススメします。

入手は困難極まる

EDの治療薬といえば、バイアグラやレビトラなどですが、ドラッグストアには売っていません。
あれだけ話題になり、日本でも厚労省が認可したというのにです。

これは医師の処方がなければ調剤できないからです。

なので、ED治療薬を手に入れようとするなら、まずEDの治療を行っている医療機関に行き、医師から処方箋を書いてもらわなければなりません。

しかし、通常、慢性的な病気で薬を処方してもらう際、健康保険が適用になるものですが、ED治療薬は適用外なのです。

「インポ、不能と馬鹿にしてはいけない。EDというちゃんとした病名があるんです!」と世間は言いますが、暗に小馬鹿にしているとしか思えません。
なぜなら、禿とチビとインポを相手にする商売は儲かるというのが世のならいだからです。
もし、経済的に辛い、なんとか安くED治療薬を手に入れたいという方は、個人輸入で手に入れる方法もあります。

ただし、医薬品の輸入になりますから、CDや雑貨とは事情が異なります。

そのため、個人輸入を代行するという業者が存在します。
手数料を支払っても医療機関で処方されるより安く手に入れることができるという。
個人輸入代行の注意点は、服用だけでなく購入の段階で自己責任ということです。

なぜなら、「アメリカ正規品」と紹介されているのに、届いてみたら某経済途上国で作られた偽物で、何が含有されているのか知れたものではないというケースがしばしばあるからです。

また、服用も、たかが錠剤一錠と馬鹿にしてはいけません。
頭痛で三日寝込んだという人もいますし、ややEDだったのに、粗悪品を服用したせいで完全に不能になったという人もいます。

副作用のリスクを感じさせない

 

日本人には、バイアグラの方が馴染みが深く、安心感というものが高いのは、勃起不全の治療薬として一番早くに採用されたからです。

ただそれだけのことで、世界中で利用されている良質な治療薬を敬遠してしまっている傾向が見られます。

これは無知としか言いようがありませんね。

その代表格がレビトラでしょう。

確かに一番の購入方法であるレビトラ通信販売では、その53パーセントがニセモノを取り扱っている悪徳業者であるという事実がありますから、ニセモノを掴まされた人間が、まったく効かないという評判を流してしまっているのも、バイアグラ以外の勃起不全治療薬は、信頼性に劣るという現在の風評を招いてしまった結果と言えるでしょう。

しかしながら、本物を手に入れることが出来れば、バイアグラなどは、勝負にならないほどに、大きな効果というものを発揮すると言われています。

レビトラの評判は、日本では前述にあるような理由から、あまり賛否両論分かれていますが、海外では高い評価を受けており、世界シェアの17パーセントを占めるに至っている治療薬なのです。

即効性や空腹時などの制限というものが少ないこと。

また副作用のリスクが高くないといった点では、日本で知られているその他の勃起不全治療薬の中では、ダントツの効果が期待出来る治療薬だと評価されています。