ジェネリック医薬品の基礎を知っておく

ジェネリック医薬品というのは、簡単に言えば安い値段で購入できる医薬品なのです。

医薬品というのは、どうしても高額な物が多いですが、ジェネリックの医薬品であれば、どれも低価格で購入することができるのです。

どんどん開発されている医薬品

なぜ低価格で購入できるのかと言いますと、それは新薬でありながら、他の特許の切れた医薬品と同じような過程で開発されるので、時間も費用もあまりかけずに新薬を開発することができるのです。

だからこそ、低価格でも提供することができるのです。

もちろん、1から100まで全て同じ薬ではないのですが、いずれにしても国や医療機関からも許可されている医薬品なので、心配せずに使用することができます。

むしろ、他のよく分からない医薬品を使用するよりも、安全度は高いと言えます。

病院で薬を処方してもらう時も、「ジェネリックにしますか?」と聞かれるケースが大半だと思います。

もし聞かれなかった場合は、こちらから「ジェネリックでお願いできますか?」と言ってみるようにしましょう。

ただ、ジェネリックも万能ではないので、まだ対応していない薬もありますし、副作用を伴う薬もあります。